自動車買取相場表

軽自動車税とは

軽自動車税とは、軽自動車や自動二輪車、原付などにかかる税で毎年4月1日に所有している人に課税されます。自動車税とほぼ同じ物ですが、違いとして、市町村が課税、徴税する事が挙げられます。自動車税は県税です。また年額でしか支払いがなく、4月1日を過ぎて登録した場合にはその次の年の4月1日まで課税されません。また登録を抹消したときも、月割りで還付されると言う事がありません。

金額は軽乗用車の標準で年額7200円です。貨物車は4000円ですこの金額は市町村の裁量で変更できることになっていて、最大で1.5倍まで課税する事ができるようになっていますが、そういう例は少ないです。ただ財政状態が悪いところでは、引き上げられているケースがあります。

納税は市町村ごとに毎年4月始めに納税用紙を送ってきます。納税期限は5月末までです。納付は金融機関やコンビにでできます。軽自動車を納税していないと、車検が受けれない事になっています、車検のときは納税証明書を添付する事になっています。納税用紙は車検用の納税証明書を兼ねている事が多いので、なくさないように保存してください。また延滞した場合は年利14.6%の延滞金がかかりますので延滞には十分気をつけてください。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX