自動車買取相場表

媒体によるカーナビの選び方

カーナビの媒体の種類は、HDD(ハードディスクタイプ)、メモリタイプ、DVDタイプ等があります。ナビ画像を精細に表示するためには、記憶容量が大きく出来る媒体が有利になります。HDDは、記憶容量を大きく出来るという利点がありますが、反面、車の振動などに弱いとう特徴があります。かと言って簡単にトラブルとなり利用できないというものではないのでご安心ください。振動に強いのは、メモリタイプになります。メモリタイプは、ICメモリですからメカ式の機械媒体ではないので振動による影響は受けません。また、高速メモリアクセスが可能になりますので、表示スピードを高速に行えるという特徴があります。反面、大容量化にするとコストは、高くなります。

DVDタイプは、価格を安く出来るメリットがありますが、記憶容量もあまり大きくできません。そして、一度記憶した内容は固定されます。したがって、地図情報が新しくなるとデータの書き換えが必要になります。媒体読み取り装置は、機械式のためHDD同様振動に弱いと言えます。購入時には、これらの特徴をふまえて、製品の比較を行ないご自身の満足出来る製品を選ぶと良いと思います。例えば、表示スピードが遅いなどは、個人の感覚の問題ですからこの程度なら問題ないと判断できれば良いのではないでしょうか?。


車買取の詳しい情報はこちら


FX