自動車買取相場表

契約にこれだけ揃えよう

必要な物は、身分証明書として運転免許証、認印、初期費用というところです。初期費用は敷金、礼金、などですがはっきり決まったのもではないので、良くきいて用意しましょう。一般的には敷金1ヶ月、礼金1ヶ月、管理会社の手数料1ヶ月程度です。それ以外に必要者類は、利用する車の車検証の写しを求められるかもしれません。契約書は管理会社の人が用意してくれるので、署名、押印します。ただ単に自動車をとめるだけなら特に変わった物もありませんし、特別用意する物もありません。

しかしもし借りて車の保管場所として登録をする場合はまた違ってきます。車庫証明を申請したいことを伝えて、申請用の書類を貰う必要がありす。必要書類は、保管場所の所在図と詳細図、使用承諾書、などです。何れも管理会社や地主さんが用意してくれると思います。

ただ管理会社が入っていない場合は、自分ので用紙を用意し、地主さんに署名、押印してもらう必要があるかもしれません。また車庫証明は自宅より2km以内の場所でなければでなければならないのでこれも十分注意が必要です。また直線で2km以内であれば、市町村の境界を超えていてもかまいません。その場合は保管場所のあるところの警察に申請します。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX