自動車買取相場表

自走式駐車場について

自走式駐車場は、自動車が駐車スペースまで自ら走行していって駐車するタイプの駐車場の総称です。
全ての平地式駐車場、機械式を除く立体駐車場の全てが自走式の駐車場と呼べるでしょう。

このタイプの駐車場は、ドライバーの腕次第では最も早く駐車でき、最も早く発車できる駐車場です。

機械式は自動車が駐車されているパレットを呼びださなくては発車出来ませんし、駐車の際も空いているパレットを呼び寄せなくては駐車できません。

ただし、駐車スペースの密度としては機械式駐車場に大きく劣ります。
全ての駐車スペースの前には自動車が出入りするための移動スペースが必要となるからです。

自走式の一つ、平地式駐車場は平面スペースに駐車スペースを示す線を引いただけのものです。
設備は最も簡素ですが、土地当たりの駐車密度は最も低くなります。
立体式駐車場は方式により駐車密度は異なります。
最も密度が高いのは連続傾斜床式駐車場です。上階へ上がる通路の外周及び内周が全て駐車スペースになっており、階の概念はありませんが、便宜上、つけています。
階の概念があるのはフラット式駐車場です。
フロアのどこかに上や下の階へ行くスロープが付いています。
半階分かれているものはスキップ式駐車場です。
フロアを2つに分け、半階ずつスロープで昇降します。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX