自動車買取相場表

ブレーキの違和感に気づいたら



車は機械ですから、故障はつきものです。しかし、その故障が命に関わるような場合もあるので、メンテナンスはしっかりやっておかなければなりません。車に異常が生じると、いろいろなところにそのサインが出てくるものです。たとえば、命の危険に直結する危険性のある部品の1つに、制動装置つまりブレーキがあります。

もし、これが正常に機能しないと、車は制動力を失って大事故につながりかねません。この制動装置に何か違和感があったら、パッドの交換サインだったり、オイルが足りなくなっていたりなど、いろいろなことが考えられます。たとえば、制動力を発揮するまでに、かなり深く踏み込まなければならなくなったり、キーキーと異音が発生したとします。これはパットがすり減ってきているサインと考えられます。新品の状態では10mm程度の厚さがありますが、使い続けていくうちにだんだんとすり減ってきます。

2mm以下になってくると、交換したほうが良いとされています。もし、そのまま使い続けていると、危険を知らせるためにキーキーと音が出るようになっているのです。パッドの厚さは下から覗きこんでもなかなか見えませんので、車検のときにしっかりとチェックしてもらい、かなり減っていたら早めに交換すると安心です。



車買取の詳しい情報はこちら


FX