自動車買取相場表

バッテリーが上がったときの対処法

車の電池(バッテリー)は小さな部品ですが、これがなければ車を走らせることは愚か、エンジンをかけることさえできません。 つまり、とても重要な部品なのです。つかってくうちに、だんだん電池の容量は減っていきます。車を運転すると充電されるのですぐに無くなってしまうことはありませんが、3年もたつと、だんだんエンジンのかかりが悪くなってきて、電池がなくなってきていることに気づくようになります。そしてもし、そのまま放置していると、朝突然エンジンをかけることができなくなることも考えられますので注意が必要です。

もし、電池が上がってしまった場合は、新しいものに交換しなければなりませんが、車を運転しなければならない場合は、とりあえず始動だけさせて、エンジンを回しながら充電することでその場をしのぐことはできます。方法は他の車のバッテリとケーブルでつないで始動させる方法が一般的ですが、JAFや任意保険に加入している場合は、無料でエンジンを始動しにきてくれますので、そちらを利用すると良いでしょう。始動してもらった後は、その後しばらくは使えますが、すぐに再び上がってしまうことが予想されますので、新しいものと交換することをオススメします。


自動車買取相場表.com


FX