自動車買取相場表

希望のナンバーの申し込みの仕方

自動車のナンバープレートを旧陸運局(現在は全局でおのおの独立し独法化され陸運振興センターなどの名称を名乗っている)で申請する際、希望の番号を申し込むことが出来ます。
これを希望番号制度と呼んでいます。
希望できるのは、基本的には自家用の登録自動車(小型自動車)と軽自動車、それに商用の登録自動車のみです。
また4桁の番号のみが希望でき、管轄を示す地域名、車種区分を示す2桁ないし3桁の番号、かな文字などの指定は一切できません。
申込みはカーディーラーや行政書士などでも代行していますが、自分で行うことも出来ます。
自分で申し込む場合、管轄する旧陸運局内の予約センターに赴くか、インターネットでも申込みが出来ます。
ネットでの申し込み方法は全国自動車標板協会のサイトにて、希望番号申込サービスのページより、希望番号や個人情報を入力し、特定の人気番号は抽選、それ以外は即、与えられるかどうかが判定されます。
与えられることになったら、所定の手数料を指定口座へ入金します。
手数料は局による統一はされておらず、おのおのばらばらな価格設定ですが、おおよそ4000円から5000円ほどかかります。
入金後、希望番号のプレートの交付可能日の知らせが返信され、その可能日以降、1ヶ月以内に、管轄の旧陸運局内予約センターにて予約済証を受領し、登録申請を行います。
ちなみに商法にあるクリーングオフなどは一切受け付けていません。
これを過ぎると手数料等は返金されないというルールになっていますので注意が必要です。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com



FX