自動車買取相場表

改造マニアの車検対策



一口で言って合法的な改造に徹することしかないでしょう。当たり前のことですが、非合法な状態は非合法です。法律違反です。そういうことはどう言い訳しても許されることではありません。それでは何も出来ないと思われますかもしれませんが、そうでもないです。保安基準を満たすように工夫すれば案外自由です。特に高性能化を図るような改造は申請できるのもが多いです。

また外観の変更は危険な物でなければほとんど認められます。意外に厳しく難しいのが灯火類の追加、変更ですが色の変更は駄目な事が多く駄目なものは駄目ですが、それは当然のことで、危険につながりますから変えてはいけません。何れにしろ危険であるとして禁止されているのもや、保安基準が明快にあってそうなっていなければならないものを変更しようというのでなければ申請すれば認められることが多いのですから車検の時に改造変更して申請しましょう。

それが一番ですし、それ以外ないのですから。決して簡単に取り外せるようにしておいて、何かあったら元に戻せるようにしておくとか言うような改造はしてはいけません。またこっそりと目に付かないように部品を変更するのも違法な行為ならいなら止めてください。きちんと申請すると納税額は増えたりすることもあるかもしれませんが、それはしかたのないことです。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com



改造マニアの車検対策関連コンテンツ

公認をとる
改造の為に不合格になった場合どうすれば言いかと言えば、可能ならば改造箇所を申請して登録するのが一番い ..... >> 続きを読む

改造部分をもとに戻す
不合格になってしまったときは、保安基準に適合していないわけですから、基本的に元に戻す事になります。も ..... >> 続きを読む

合格チェックポイントをチェック
合否に関して最も厳しい規定を設けているチェックポイントがヘッドライトやバックランプ、スモールランプや ..... >> 続きを読む

不合格の場合はどうすればいい?
車両の継続検査を運輸支局の検査場で継続件を受けると、不合格になることがあります。 先ず最初に、検査 ..... >> 続きを読む

指定部品とは?
平成7年11月22日の構造変更検査の簡素化で、一定の範囲の寸法や重量の変化は記載変更をしなくても良く ..... >> 続きを読む

不必要な範囲とは
平成7年11月22日の行われた手続きの簡素化により、構造変更検査や記載変更が必要ない範囲が広がりまし ..... >> 続きを読む

取り付け方法について
改造した場合、記載変更等で改造の内容を登録する必要がある場合がありますが、記載変更をするかどうか、つ ..... >> 続きを読む

測定基準とは
"自動車は安全に運転を行えるように定期的な検査が必要になります。 中でも、保安基準に適合しているか ..... >> 続きを読む

改造時に記載変更必要な範囲と不必要な範囲
改造車でも記載変更が必要ない範囲と言う物があります。具体的には、全長で±3cm、全幅で±2cm、全高 ..... >> 続きを読む
FX