自動車買取相場表

不合格の場合はどうすればいい?

車両の継続検査を運輸支局の検査場で継続件を受けると、不合格になることがあります。
先ず最初に、検査ラインに入る前に検査員による検査がありますが、前照灯や番号灯の色で合格とならない場合が多くあります。これは保安基準の規格外品であり、交換する以外、手はありません。タイヤ残溝、空気圧調は、結構、甘く見てもらえます。
最近、保安基準が改正されハイリフト、装飾板の装着に厳しくなりました。

検査ラインに入ると先ず再度スリップですが、まれに合格しない場合があります。正しく調整することが最もよい対策ですが、裏技として、テスターの中央まで行き、バックで戻り前進するとなぜか合格のランプがつきます。ブレーキで先ず合格となりますが、合格しなかった場合、ギアをバックに入れましょう。サイドブレーキテストも同様です。
次に光軸ですがこれが最も多い不良項目です。対策は必ず近くにある施設検査場のテスターで調整することです。しかしだいたいの癖がわかったら、向けたい方向へ手で強く押すと合格します。

排ガスで合格しなかったら、ブローブをできるだけ奥へ押し込むといいと効きましたが、効果は不明です。
後は下回りですが、不具合箇所は当日に修理・交換すれば、3回まで受検可能です。しつこく検査を受けて修理方法を検査員に説明すれば、たいてい当日中に合格にしてくれます。合格しなければの、後日、該当箇所だけ再検査できます。


車買取の詳しい情報はこちら


FX