自動車買取相場表

指定部品とは?

平成7年11月22日の構造変更検査の簡素化で、一定の範囲の寸法や重量の変化は記載変更をしなくても良くなりました。更に特定の部品の取り付けに関してはその範囲を超えていても記載変更の必要がなくなりました。この特定の部品を指定部品と言います。

具体的には身体障害者用操作装置、エア・バッグルーフ・ラック、キャリア、エア・スポイラ、エア・ダムフェンダーカバー、フードスクープ、ルバー、デフレクター、その他エアロパーツ、グリル・ガード、ドア・プロテクタ、オーディオ類、ナビゲーションシステム、アンテナ、ラダー、トウバー、けん引用トレーラ・ヒッチルーフラック、サンルーフ、ステアリング・ホイール、ルーフボックス、バイク/スキーラック、ショック・アブソーバー、ストラット式ショック・アブソーバー、マフラー、排気管、タイヤ、タイヤ・ホイール、キャンピングカー用日除け等で、安全を確保している一般的に流通している部品に限ります。

これらを溶接またはリベット止めで以外で固定した場合は記載変更の対象外となります。つまりこれらの部品でも溶接した場合は記載変更が必要ですので、その点の注意が必要です。取り付けには当然保安基準に適合している必要もありますので、その点も気をつけてください。また羅列的に書くと判りにくいのですが、SUVなどにつけるオーバーフェンダーは入っていませんのでこの点も注意が必要です。


自動車買取相場表.com


FX