自動車買取相場表

改造時に記載変更必要な範囲と不必要な範囲

改造車でも記載変更が必要ない範囲と言う物があります。具体的には、全長で±3cm、全幅で±2cm、全高で±4cm以内の寸法の変更、車重で軽自動車、小型自動車は±50kg以内の変更、普通自動車±は100kg以内の変更は、記載変更の必要がありません。また特定の指定部品のボルトでの取り付けも記載変更の必要がありません。

しかしそれ以外の変更は記載変更が必要になります。たとえば指定部品外の部品をつけての、全幅の変更、オーバーフェンダーの装着などは指定部品でないので2cm以上全幅が広がれ申請が必要です。ほとんどのエアロパーツは指定部品ですので、申請が必要ありませんので混同するかもしれませので注意が必要です。またサスペンションのコイルスプリングやショックアブソーバーの変更は指定部品ですが、ブロックを使っての全高の変更は指定部品でないので、申請が必要です。

また寸法や重量が大きく変わらなくても、用途や車体の形状が変われば申請が必要です。例えばピックアップトラックに荷室を作った場合バンに形状が変わります。また乗車定員の変更も当然申請が必要です。その他用途の変更なども必要です。乗用車から貨物車へ変更したり、その逆に貨物車から乗用車へ変更したりするこることがありますが、これも当然ですが申請が必要です。



車買取の詳しい情報はこちら


FX