自動車買取相場表

見積書の中の諸費用の内訳とは

見積書においてまずは、車両本体価格ですが、文字通り車本体そのものの価格のことです。ただし、本体の価格だけで購入することはできません。次は、オプション価格と附属品についてですが、オプションにはメーカーオプションやディーラーオプション(付属品)が存在し、オプション金額がそれぞれ別に記載されます。値引きがある場合は、これら2つの合算額から引かれます。

自動車税は、毎年4月1日現在の車の所有者に対して課される税金を指しており、排気量によって徴収される税金額が異なります。ただし軽自動車は地方税のため減税対象外となります。その次は自動車取得税です。車を購入した際にかかる税金のことを指します。次は自動車重量税です。その名の通り、車の重さ(0.5トン区切り)によって車検ごとに課される税金で重量があるほど税額がアップします。新規登録時に必ず加入しなければならないのは自動車保険で、いわゆる強制保険とも呼ばれています。この保険に入らなければナンバープレートが交付されません。次に納車費用は、ディーラーが自宅まで納車してくれる際に生じる費用のことです。

登録代行費用と車庫証明取得代行費用はいずれも陸運局での登録作業をディーラーに代行してもらう際にかかる費用のことです。この各代行料金の合計額を販売諸費用といいます。法定費用とは陸運局での登録手続きなどの費用を印紙で支払うことです。その他には、自動車リサイクル料金は必ず発生します、下取費用はディーラーに下取車の査定を依頼した場合に発生します。最後にこれらの費用に消費税が加味され総支払額が算出されます


車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX