自動車買取相場表

フィアットの進出

フィアットが設立して第二次世界対戦が始まる前からフィアットの方では国内ではない国外進出を考えることが意欲的にありました。それ故に、世界大戦は、結構厄介だったでしょう。

1934年の世界大戦前にはフランスにシムカを設立させていました。他にもドイツでNSUの自動車部門を買収し「NSUフィアット」と活動をしていたのです。第二次世界大戦前ということで、結構危険な状態でもあったのですがそれでも国外での営業をし続けました。そして戦後になってもスペイン、トルコでそれぞれセアト、トファシュを設立したでしょう。

ちなみにセアトは現在ではフォルクスワーゲングループとなっています。なんだかんだかなりの進出スピードと言っても良いでしょう。そして、冷戦下においても東欧圏への進出をしていき、ソビエト連邦、ポーランド、ユーゴスラビアに進出していき、南アメリカのアルゼンチンにもフィアットは進出を続けたのです。あとブラジルでも生産を始めることになりました。ちなみに、その時の進出途中で、アルファロメオやランチを傘下にしてかなり大きな会社へとしたのです。

このようにフィアットが国外への進出をしたでしょう。かなり大きな進出をしたため、かなり大きな会社へとなりました。ただ、その後にフィアットの大きな試練が来るとは誰も予想はしていなかったでしょう。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX