自動車買取相場表

中古の燃費

中古のミニバンの燃費はエンジンやその他部品などの劣化により、新車の段階よりも燃費が悪くなっている恐れがあります。これはどの自動車にも共通していえることですが、型式や中古の年代、走行距離にも影響されます。おおよそ、同じ距離数でも型式が古いほうが燃費が悪い傾向にあります。特に、モデルチェンジを行っているときには、現在のモデルと排気量が違うこともあるので要注意です。燃費を計算すると、年間で数リットルの違いが発生することも珍しくありません。

また、距離数が伸びるに従ってエンジンに負担がかかります。もちろん走行の仕方にもよりますが、短期間で距離数を乗車しているタイプの車の方が、当然ながら肩落ちの車になるので、条件の比較材料になります。可能な限り燃費面については具体的にどの程度が予想されるのか、事前に購入するカーディーラーに直接尋ねてみるのがよいでしょう。また、市内を走行することが多い人は、ミニバンを購入しても固定の経費が軽自動車を所有して運転しているときよりも高くなることがあります。このあたりの事情も考慮して、どの程度の費用の差額があるのかを具体的に計算しておき、賢い車選択ができるようにしておくことが望ましいでしょう。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com

FX