自動車買取相場表

逆走事故

時々臨時ニュースで、高速道路に逆走車侵入のため通行止めというテロップを見ますが、なぜ反対の道に入ってしまうのでしょう。標識どおりに進んでいけば、絶対に反対の道路に入ることはないはずなのですが。ではどういうところで逆の道に入ってしまうかというと、何方向もあるインターチェンジ、サービスエリア、パーキングがが多いそうです。

自分が高速道路を走っていて逆送している車には遭遇したことはありませんが、年間1,000件ペースでおきているようです。ということは毎日2〜3件はあるということですよね。こんなに逆送する車があるということは、標識に問題があるのではないかと思ってしまいますが、ドライバーも一度インターチェンジに入ったら戻れないということが分かっていない人もいるようです。行き先を間違えたと思ったら、あきらめて次の出口まで走るしかないはずなのですが、なぜかUターンをしてしまう人が出てくるようです。

きっと行き先を間違えてしまった場合、パニックになってしまうのかもしれません。パニックになってしまうと、正しい判断ができずにとにかく戻ることしか考えられなくなるため、Uターンしてしまうようです。時々でも高速道路を利用していれば、もし行き先を間違ったとしても、パニックにならずに冷静な判断が出来るのでしょうが、めったに利用しない人には、一瞬どうしたらいいのかの判断が付かなくなるのかもしれません。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com



FX