自動車買取相場表

ワゴンR


日本のクルマ業界の中で、軽自動車が国内の販売台数においては今の時代にはトップクラスとなっていますが、それよりも前の時代においてもとある軽自動車が軽自動車のジャンルでの新車の登録台数、そして国内の新車販売台数においてトップの座に輝いていたことがあります。それがスズキ自動車の看板的存在として知られている「ワゴンR」です。

このワゴンRはこんにちの軽自動車のジャンルのひとつである「軽トールワゴン」の基礎をつくったクルマとして知られ、初代モデルは低価格と使い勝手の良さから老若男女問わずにヒットをすることになり、そのあとにとても生産が追いつかないのでワゴンRの生産ラインが1億円をかけて増設されました。

そうしたエピソードを持っているワゴンRは、今では5代目のワゴンRが発売されておりあいかわらずの売り上げで好調な記録を残しています。このワゴンRには徹底したコストダウンがはかられた結果、さまざまなパーツを共有することが今ではスズキ自動車のクルマでは当たり前になりましたが、そのパーツの共有化もワゴンRによって生み出されたのです。そして「ソリオ」などの派生車種やワゴンRのOEM供給モデルもいろいろと発売されています。

自動車買取相場表.com

ワゴンR関連コンテンツ

スズキ・ソリオ
トールワゴンタイプの軽自動車として、発売以降その爆発的なヒットが話題になっているのがスズキ自動車から ..... >> 続きを読む

ドレスアップベース
初代モデルの発売以降、販売台数のランキングで1位を獲得したことが何回もあるスズキ自動車の「ワゴンR」 ..... >> 続きを読む

5代目
スズキの看板車種として広く知られているのが「ワゴンR」ですが、現行モデルのワゴンRは5代目のワゴンR ..... >> 続きを読む

4代目
軽自動車のリーダー格として、長年販売実績においてトップの座をキープしていたこともあるのがスズキ自動車 ..... >> 続きを読む

3代目
スズキ自動車が発売している軽自動車はいろいろありますが、その中でも看板車種としての立場を背負って発売 ..... >> 続きを読む

初代ワゴンR
今、スズキ自動車のクルマを代表する存在となっているだけでなく、日本の軽自動車そのものを代表する存在、 ..... >> 続きを読む

2代目ワゴンR
規格や法律の改定は国が決めたことですから、その改定に該当する業界、またはジャンルにおいては国が決めた ..... >> 続きを読む
FX