自動車買取相場表

4代目

軽自動車のリーダー格として、長年販売実績においてトップの座をキープしていたこともあるのがスズキ自動車の「ワゴンR」でありますが、この軽自動車のエリートであるワゴンRが、4代目ワゴンRになったのは2008年9月25日のことになります。

まずそのデザインが少しだけ変更され、3代目ワゴンRまでは全体的に角ばったデザインが特徴的でしたが、この4代目ワゴンRからはその角ばったイメージから一新して、ややスポーティな外観にすることでスタイリッシュなイメージを持たせることに成功しました。これによってスポーティなイメージも同時に獲得し、もともと若い男性に向けたクルマであると言う初代ワゴンRのコンセプトを体現しています。

そんなキープコンセプトでありながらもスポーティさを獲得することに成功した4代目ワゴンRは、CVTを搭載したエンジンに電子制御のスロットルが組み込まれるなどして燃費の向上もはかられており、ターボモデルエンジンのラインナップもありますし、今まで発売されていた「ワゴンRスティングレー」もまたこの4代目ワゴンRで発売されることが決定され、ノーマルモデルといっしょにフルモデルチェンジがされて発売されました。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX