自動車買取相場表

チューニングベース

スポーツカーや中排気量のセダンなど、そうしたクルマは「走り」に向いているクルマとしてよくチューニングベース車両として扱われることが多いクルマになります。そのいっぽうでミニバンやハイブリッドカー、軽自動車などのジャンルとしてはあまりチューニングベースとしてのあつかいをされることはありません。

しかしながらチューニングベースになるクルマは、言ってしまえば「どんなクルマ」もチューニングベースとして利用することが出来るので、チューニングに終わりは無いと言われることもあります。ベースとなるクルマの中で、軽自動車のジャンルにしぼってみるとダイハツの「タント」もまたチューニングベースのクルマとしてえらばれることがあります。

このクルマにはターボエンジンモデル、それからダイハツお得意のシリーズであるメーカーのカスタムカーシリーズの「カスタム」がラインナップされており、それらのモデルにおいてチューニングベース車両としてのあつかいがされることがあるのです。チューニングとしてはサスペンションの交換、ブーストアップ、軽量化などさまざまですげ、軽自動車の軽いボディを生かしたテクニカルコース向けのチューニングがされる傾向にあります。


車買取の詳しい情報はこちら



FX