自動車買取相場表

排気パイプ関連から響く例

車内の騒音は排気パイプなどから、車内まで響いてしまうことがあります。排気パイプは基本的には、排気ガスを排出するときに音を静かにする役割を持っていますが、中にごみなどが詰まってきたり、さびで穴があいてしまうなどの損傷をしてしまうと、騒音となって車内まで聞こえるようになります。

乗っているドライバーは、日々の騒音の変化が緩慢であれば気付かないことがありますが、同じ車種で新車と中古車を並べれば、一目瞭然の音の違いになってしまうことがあります。これらの場合、たとえばエンジンスターターで車内を暖めているようなときには、付近住民などに騒音として認知されてしまうことがあります。

また、よくあることですが、大型トラックでこれらの騒音がひどいと荷物を運搬して、路肩にエンジンをつけたまま寄せているときなどは、はっきりと振動と共に騒音が聞こえることがあります。このようになってしまうと、ドライバーだけの問題とはいえず、会社全体のイメージの悪化にもつながることがあるので、社用車といえども騒音には十分に配慮して、問題があれば速やかに点検してもらうようにすることが望ましいといえます。騒音に関しては、出来る限り音を少なくするように意識しておくことが大切です。


車買取は自動車買取相場表.com



FX