自動車買取相場表

故障を疑う

車の騒音で外部のものが車内まで聞こえるようになったら、これは故障する直前である可能性が高くなっています。まず、タイヤ回りから騒音が車内まで聞こえるようになれば、脱輪やパンクなどが考えられます。脱輪が多いのは、タイヤの装着後などで、冬タイヤから夏タイヤに換えたり、新しいタイヤに交換したときに、うまくボルトが装着していない、装着の方法を誤った、などが原因でボルトが変形して何か外部とぶつかって騒音を発生していることがあります。これを放置すると、走行に影響が現れ、さらに脱輪などの事故に発生する可能性があるため、速やかに停車してチェックするようにしてください。

また、パンクのときは、走行にすぐに影響が現れるため、音の違和感とともに、実際に走っているだけで運転に支障をきたすことがあります。ただし、大型車であれば、ある程度馬力があるため、タイヤのパンクが一か所ぐらいであれば、ある程度は自力で走行を続けることが出来てしまうため、見過ごされてしまることがあるので注意してください。
出来るだけ、騒音に関しては、意識して日頃からチェックするとともに、何か異常を感じたときには速やかに確認するようにしておくとよいでしょう。


車買取は自動車買取相場表.com


FX