自動車買取相場表

コンチェルト

コンチェルト(Concerto)は、本田技研工業がかつて生産・発売していたセダン型の小型自動車になります。

車名の由来は、イタリア語の「協奏曲」からつけられました。

コンチェルトは、1980年代にホンダが技術提携をしていた、英国のオースチン・ローバー・グループ(ARG後のローバー)と共同開発された車種になります。

位置づけとしては、シビックとアコードの間の車格で、いかにもヨーロピアンスタイルといったクラスレス車でした。

初代は、1988年6月に4ドアセダンのFFのみ発売されました。

このときのグレード編成は、「JE」、「JL」/「JG」/「JX」、
「JX−i」の5種でした。

同年7月には、4ドアセダンの4WDおよび5ドアセダンが発売されます。
その後、1991年2月には、フロントノーズがやや垂直気味になり、テールランプのデザイン変更、グレードの追加および整理などといったマイナーチェンジが実施されます。

当時は、バブル景気だったので最上級の4ドア「EXCLUSIVE」の価格は210万円もしました。

1992年10月に、後続のドマーニの発表と共にコンチェルトは生産及び発売を終了しています。


自動車買取相場表.com

FX