自動車買取相場表

クロスロード

クロスロード(Crossroad)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたSUVになります。

初代は、RVブームの1993年に販売を開始しました。

英国・ローバーグループ(現:ランドリーバー社)からOEMとして、ランドローバー・ディスカバリーの供給を受けました。

ボディは、5人乗りの3ドアと7人乗りの5ドアが設定され、エンジンはローバー製3.9LV型8期筒OHVエンジンを搭載、トラストミッションは4速ATが組み合わせれていました。

2代目は、2007年2月に登場しました。
2006年にモデルチェンジした3代目CR−VがプレミアムSUVクラスへ
上級移行したため、初代2代目CR−Vユーザーの受け皿となる車種として役割があり、目標月間販売台数は3000台と発表されました。

2代目ストリームをベースに、3ナンバーサイズで3列7人乗りでした。
エンジンはR18A型1.8LとR20A型2.0Lが設定され、トラストミッションは5速AT、パドルシフトの設定もありませんでした。

2010年8月末に生産が終了、クロスロードの販売期間は3年7ヶ月と短いものでした。


車買取情報はこちらを参考に

FX