自動車買取相場表

ルキノS−RV

日産ルキノS−RVは、燃費が10km/L〜18km/Lの車である。

20代の若い層を主なターゲットとしたクルマである。

1996年に、欧州向けに5ドアにRV風のデザインを追加したS−RVがラインナップされた。

ルキノS−RVは、1996年5月から、2000年8月まで、当時の日産サニー店(現在はレッドステージ日産サティオ店)で販売されていた。

S−RVは、国内専用車として取り扱われており、海外では販売されなかった。

ルキノという名前の由来は、ギリシャ・ローマ神話に出てくる女神「Lucina(ルキナ)」からきており、これは誕生の女神とされている。このルキナからきた造語である。

1997年、S−RVにSR16VE搭載のVZ−Rベースのエアロセレクションと、SR200DE搭載のエアロスポーツが追加された。

どちらもオーテックジャパンが開発を担当している。

エアロセレクションは、大型のフォグランプを内蔵しており、フロントエアロバンパーと、専用の大型のルーフスポイラー、専用マフラー、ブリヂストンポテンザRE710Kaiタイヤを組み合わせた専用のゴールドアルミホイールが特徴である。2000年8月に生産は終了している。


車買取情報はこちらを参考に

FX