自動車買取相場表

クラウンワゴン

クラウンワゴンは、トヨタの高級モデルとして活躍しましたが、2007年に製造中止となりました。

市販されていた期間は短く、約8年間の販売期間でした。

クラウンというブランドモデルに、ステーションワゴンという車種は、馴染みにくい側面があったのかもしれません。

発売当初は、ロイヤルサルーンやアスリートのシリーズもあったのですが、年式を経るごとにラインナップが少なくなっていきました。

元々クラウンは、サスペンションがダブルウィッシュボーンで、4輪ディスクブレーキとなっており、そのしっかりした足回りと、トルク重視の直噴エンジンにより、その気になればかなり飛ばせる車というのがウリでした。

しかし、クラウンワゴンは車体が重いので、メーカー公示の燃費は参考程度となり、渋滞時では走らず、渋滞にはまると、リッター5キロも走らないという、燃費の悪さが泣き所でした。

おまけにプレミアムガソリンを使用するので、ガソリン代が高く付くのが難点でした。

長距離ドライブや家族連れのドライブでも、室内が5名で、荷室が広いメリットはあるのですが、中途半端な使い勝手であることから、ミニバンの方に人気が集まることになりました。


自動車買取相場表.com

FX