自動車買取相場表

アルテッツァ

アルテッツァ(ALTEZZA)は、トヨタ自動車が生産している乗用車になります。

車名の由来は、イタリア語で「高貴」の意味から名づけられました。

初代のアルテッツァは、1998年に登場しました。

「コンパクトなボディーにFRレイアウトという走りのコンパクトセダン」として
開発がスタートしたものの、同時期に開発段階だったスポーツセダンとの統合や欧州Cセグメント車の対向車種との役割も担い、アルテッツァの初代は重量が1300kg〜1500kgになり、コンパクト・軽量とはいえないスポーツカーでした。

1998−1999年の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を受賞、1999年にはRS200がグッドデザイン賞を受賞しています。

2001年5月には、フロントグリルをレクサス・ISと共通化などのマイナーチェンジが行われています。

発売開始直後は、RS200のMT仕様が若者を中心に売れ筋だったが、その後は他のセダンからの乗換えと見られる40歳代以上のユーザーによるAS200のAT仕様の購入が中心となりました。

2005年3月にRS200は生産を終了し、同年7月にレクサス国内展開を見越して、トヨタブランドとしての販売を終了しています。


自動車買取相場表.com

FX