自動車買取相場表

SX-4

SX-4はスズキ株式会社とイタリアを本拠地とするフィアットグループが共同開発した車である。

概要SX-4は初代のモデルが2006年に販売が開始され、現在では、「欧州仕様車」「日本仕様車」「北米仕様車」の3つのタイプのSX-4が世界中で販売されています。

基本スペックボディタイプ「5ドア5人乗り」駆動系「FF・パートタイム4WD」トランスミッション「4速AT」エンジン「M15A型水冷直4DOHC16バルブVVT」全長「4,135mm」全幅「1,730〜1.755」全高「1,585〜1,605」燃費性能「15.6km/L〜16.4」

注記
SX-4は日本仕様についてはトランスミッションは4速ATに限られているが、海外仕様車については5速MTも選ぶことができるようになっている。

デザインについてはジョルジェット・ジウジアーロが設立したイタルデザインが担当している。

評価
SX-4は前述のとおり世界中で販売されている車種としてSX-4は知られていますが、
競技用車両についてはWRC(世界ラリー選手権)に2007年にフル参戦したことは記憶に新しく、バー・ガンナーアンダーソンがこの車でポイントをとったということは日本でも当時報道されました。

また、SX-4はスズキの燃料自動車開発の軸となっている車種としても知られ、2008年に行われた洞爺湖やミットではスズキ初の燃料電池を用いた車としてお披露目されました。

レビュー
コンパクトカーでありながら足周りがシッカリしているという印象で走行についての安定性は高いと感じる方が多いようです。


車買取はアップルで本当に良いのか?

FX