自動車買取相場表

クラブマン

BMW社が開発・販売するかつてはローバーが販売していたミニシリーズ『クラブマン』をご紹介したいと思います。

この『クラブマン』はミニクーパー2代目となる2007年より販売が開始し、2008年より日本での販売が開始されました。

2代目ミニクーパーの中でも『クラブマン』のコードはR55になります。
また、ミニクーパーシリーズは代を経てもエクステリアのフォルムが変わらないことが特徴であり、『クラブマン』も一目見てミニクーパーだとわかるつくりになっています。

この『クラブマン』の基本性能は、ボディタイプ「2ドア4人乗り」
エンジンタイプ「直列4気筒DOHC1600cc・直列4気筒ツインスクロール直噴ターボチャージャー1600cc・
直列4気筒1400cc・直列4気筒ターボディーゼル1600cc」
最高出力「122PS/6000rpm」最大トルク「160Nm/4250rpm」
駆動系「FF(前2輪駆動)」
トランスミッション「ゲトラグ製6速MT・アイシン・A・Wパドルシフト付6速AT」
全長「3,980mm」全幅「1,685mm」全高「1,440mm」
燃費性能「20.5km/L(10・15モード)・18.0km/L(JO08モード)」となっています。

初代のミニクーパーはフード開閉の重さが使いにくいという指摘がありましたが、
2代目ミニクーパークラブ万からヘッドランプが車体側に固定され開閉が軽くなっています。

安全性能や環境性能にも配慮されたモデルになるのですが、車体重量が30キロ程度増加していることも特徴です。


車買取の相場をチェック!

FX