自動車買取相場表

リーザ

ダイハツ工業株式会社が以前開発・販売していた『リーザ』という軽自動車をご紹介したいと思います。

この『リーザ』は1986年に搭乗し、1992年まで販売されていました。

フォルム自体はミラに良く似た車なのですが全高が低くこのころの軽の中ではシャープなつくりをしていました。

開発自体はスズキのセルボの対向車として開発され、セルボと同様に若い女性が顧客層となりました。

『リーザ』の基本性能は、ボディタイプ「3ドアハッチバック(軽)4人乗り」
エンジンタイプ「EB−10型直列3気筒SOHCキャブレター(550cc)・
EB−21型直列3気筒SOHCキャブレターターボ(550cc)・EB−26型直列3気筒SOHCEFIターボ(550cc)・
EB−50型直列3気筒SOHCキャブレター(550cc)・EF−HL型直列3気筒SOHCキャブレター(660cc)・EF−JL型直列3気筒SOHCEFIターボ(660cc)」トランスミッション「2速AT・3速AT・4速MT・5速MT」
駆動系「FF(前2輪駆動)」


全長「3,195mm」全幅「1,395mm」全高「1,335mm」となっています。
当時の軽は全席の足元の狭さがデメリットでしたが、『リーザ』は当時の車の中では足元が広くつくられていました。

車買取はアップルで本当に良いのか?

FX