自動車買取相場表

カルディナ

トヨタ自動車がかつて開発・販売していた乗用車である『カルディナ』をご紹介したいと思います。
この『カルディナ』は初代のT190G型及びV形が1992年に販売を開始し、
3代目となるT240W型が2007年まで販売されていました。
発売当時は乗用車としてのステーションワゴンブームが到来しており、それにあわせて登場したといことで
一定の人気を誇りました。しかし3代目生産終了後は後継車がないという状態が続いています。
3代目『カルディナ』の基本性能は、
ボディタイプ「5ドアステーションワゴン5人乗り」
エンジンタイプ「1ZZ−FE型直列4気筒(1.8L)・1AZ−FSE(D4)型直列4気筒(2.0L)・
3S−GTE型直列4気筒(2.0L)」
トランスミッション「4速AT」駆動系「FF(前2輪駆動)・4WD」
全長「4,510mm」全幅「1,740mm」全高「1,445mm」燃費性能「18km/L(10・15モード)」となっています。
また、発売当初は5ナンバーでしたが、3代目になると全車3ナンバー化しています。
ちなみに、現在のトヨタの自動車史の中でガソリン車最後のターボ車という位置づけの車でもあります。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX