車査定

ミニカ

三菱自動車工業のミニカは、初代モデルが1962年に三菱重工業(当時)から
同社初の軽自動車として発売された、伝統ある車種です。現在は販売が
終了していますが、ミニカは一般ユーザー向けの乗用モデルとビジネス
ユーザー向けの商用モデルが展開されていました。ミニカの乗用モデルは
8代合計で45年の長きにわたって愛され、軽乗用車の商標としては最長寿の
記録を達成しました。利便性に優れた軽トールワゴンタイプの乗用車が人気を
博した時代においても、ミニカはミニカならではの運転しやすい形状を強みとして
高齢者や主婦といったセカンドカーを求める層や法人の営業用に高い需要を誇り、
後期には商用モデルを主眼として販売されました。8代目のミニカは曲面を多用した
先代からの伝統に直線的なラインを融合させた、合理的なデザインを特徴としています。
ミニカの車名は英語の「Mini Car」「Miniature Car」から来ており、子供が遊ぶ
ミニカーのように親しみを持って愛用される車種として、現在も街を走っている姿を
見かけることができます。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX